絵本紹介

子どもたちに人気の絵本 2019年10月

れもん組

目をきょろきょろさせて一生懸命金魚を探しています。
「あった!」「いた!」と嬉しそうに教えてくれますよ。
赤は0歳の子どもたちにとって認識しやすい色なので皆で楽しんでいます

分園いちご組

知っている果物のイラストを見つけると指をさしながら「すいか」「ぶどう」と声に出しています。「さぁどうぞ」と言うと食べる真似をしている姿がかわいいです

本園いちご組

「つぎは○○のおうち」と動物の名前をみんなで言いながら喜んで見ています。

りんご組

「とんとんとん」「だれですか?」のやり取りを楽しんでいます。次はどの動物が出てくるか期待しながら見ています。

さくらんぼ組

いよいよ運動会シーズン。あかぐみしろぐみに分かれて次々競技を楽しむ中”つねきち”は、、
自分勝手な行動をみんなどう思うかな?みんなの優しい気持ちがつねきちを変えてくれました

もも組

運動会を頑張った後に待っているのはお芋ほり遠足。
どんなお芋が掘れるかな?どれくらい掘れるかな?

ぶどう組

人気のわんぱくだんシリーズ。仲良し3人組の冒険をいつも夢中になってみています。
森の中に隠れた動物をみんなで指さして楽しんでいます。

子どもたちに人気の絵本 2019年8月

れもん組

「がたんごとん がたんごとん」「のせてくださーい」次に乗るのは誰かな~?とわくわくしながら見ています。終点に着くと電車に「バイバーイ!」と手を振りますよ。

分園いちご組

だんだんと言葉が出てきて言葉の模倣も楽しむようになってきたいちご組。絵本の中に出てくる動物の鳴き声を真似して楽しく見ています♪

本園いちご組

お花の水を上げるお手伝いが水遊びに、、
絵本の中の虫を見つけたり、こぐまちゃんを見て「バシャバシャ」「おみず」と言って楽しんで見ています。

りんご組

仲良しのお友達通しでもトラブルはつきもの。りんご組でも似たようなことがあります。こんな風に仲直りできるといいですね。

さくらんぼ組

おばけちゃんとほたるのなんだか心温まるかわいいお話です。夏ならではのおはなしです。

もも組

生き物に興味がある桃組。バッタがいろいろな敵を相手にする姿を息をのんで見ています。涼しくなったらバッタ探しに行こう。

ぶどう組

へーたろーの視点でお話が進むので、ヘチマの気持ちになって読めるちょっと笑える楽しいお話です。

子どもたちに人気の絵本 2019年6月

れもん組

いいおかおをしました」の言葉に合わせて「わん」「にゃー」など動物の声を真似しています。ビスケットを食べる所ではほっぺに手を添えて「おいしい」のポーズもしますよ♪

分園いちご組

絵本の中に出てくる飛行機が飛ぶ様子を「る」で表している絵本です。何度も読んでいるうちに子ども達も「るるる」と一緒に声に出して楽しみながら見ています。

本園いちご組

「次はわにだー、わにだー」などの電車の中のアナウンスで次々動物がのってきます。それらのフレーズを一緒に楽しんで見ています。

りんご組

かえるや傘の出番が多い季節。ブロック遊びでもよく傘を作っています。園庭でも見たかえるや傘など興味のあるものが出てくるこの本を楽しんでいます。

さくらんぼ組

あおむしたちがどんどん八百屋のおじさんになっていく様子を見て毎回笑いながら見ています。

もも組

がいこつの行動が子どもたちのツボにはまり、大笑いしながらみています。子どもたちからのリクエストが多い一冊です。

ぶどう組

いつも怒られてしまう男の子。怒られる場面ひとつひとつを「そうそう」とうなずきながらみています。読み終わった後怒り続けるのもいけないと大人も考えさせられます。

子どもたちに人気の絵本 2019年4月

れもん組

「ばぁ!」のところでは思わず笑ってしまうれもん組です。
「いないいない…ばぁ!」のフレーズに合わせて仕草をしてくれる子もいますよ。

分園いちご組

歌に合わせて読んでいます。覚えた子は一緒に口ずさんでくれますよ。
「お腹はぺっこぺこ~」でお腹をポンポンと触る姿が可愛いです。

本園いちご組

おいしそうなほっとけーきを目を輝かせながら見ています。

りんご組

走っていると変身するのがおもしろく、「次は何になるかなー」とわくわくして見ています。

さくらんぼ組

ぶたのなる木を一生懸命そだてるおおかみ。
ぶたがたくさん木になりました。おおかみに食べられちゃうのかドキドキしています。

もも組

おもしろいダジャレを言うとスイーツが出てくるれいぞうこ。おもしろくないダジャレで出てくるのは、、、
こどもたちもおとなもつい笑ってしまいます。

ぶどう組

おにと大工のやりとりがテンポよく、表現も面白いのでおはなしに引き込まれていきます。
大工は大丈夫かはらはらしながら見ています。

子どもたちに人気の絵本 2019年2月

れもん組

「ごぶごぶ」という言葉は赤ちゃんがお腹の中にいた時に聞こえていた、外の世界の音だそうです。懐かしい気持ちがあるのか、聞き覚えのある音なのか、とても集中して見てくれる絵本です。

分園いちご組

電車に乗って山の駅から海の駅まで行くお話です。途中のトンネルの中のページが大好きで、みんなで「キャー」と言って楽しんでいます。

本園いちご組

聞いた言葉をすぐに覚えてまねするようになった子どもたち。読み方のリズムを楽しみながら「ずんずんちゃ」とノリノリで言っています。

りんご組

午睡前に絵本を見てから寝るようになったりんご組。「ぐう ぐう ぐう」のフレーズが楽しくて繰り返しています。担当が静かに読むと子どもたちも小さな声で合わせています。

さくらんぼ組

どろぼうがっこうの生徒の返事が大好きで「はーい」「へーい」「ほーい」「わかりやしたー」と真似しています。クラス移動では、ぬきあし、さしあし、しのびあしと静かに歩いてもいます

もも組

ヤンティがちょうちょを追いかけて気づくと来たことのない場所へ。そこで会ったのは…!?次は何が起こるのかドキドキワクワクしながら見ていました。

ぶどう組

ぞうのたまごってどんな大きさなんだろう?とみんなで考えながらいつも楽しく見ています。