バス安全教室

先日の静岡県のバス置き去り事件を受け、園のバス運行に関して園全体で再点検を行い、今回改めて手順の再確認と運行記録の改訂等を行いました。

また、園児が行事等でバスを利用する場合の万が一を想定し、5歳児クラスが実際にバスに乗り、子どもたちが自ら命を守る方法として『シートベルトの外し方』や『クラクションの鳴らし方』を体験しました。

3、4歳児クラスはバス担当が写真を見せながら、子どもたちに伝えました。

今後も引き続き安心してバスを利用できるよう努めます。